0
DAY
0
HOUR
0
MINUTE
0
SECONDS

プロジェクトへのご参加
本当におめでとうございます!

こんにちは、
はじめまして!

今回、JAPAN VILLAGE PROJECTの
メインナビゲーターを務めさせていただきます
鈴木雄一と申します!

私は現在、
不動産など会社を経営しております。

幸いな事に不動産業界では
ある程度業績を残すことができ、

いまでは、たまにメディアなどにも
取り上げられることがあります。




で、そんな僕がなぜ今回あなたの
前に姿を表しているかなんですが、

実はいま、世界中で話題沸騰中のIRに関連して、
とんでもないプロジェクトが始動してしまうそうなので、

いてもたってもいられず、このように
ナビゲーターとして立候補させていただきました。


正直、今かなりワクワクしていて
興奮を隠しきれなくなっていますが、

あなたにもプロジェクトの全てを
事細かに噛み砕いてしっかりと
ナビゲートできればと思っていますので、

どうか、よろしくお願い致します!

また、私はもともと不動産を行っていて
ある程度IRなどの知識はありますので、

全くIRなどの知識がない方と同じ目線で
プロジェクトを進めていけるように

現在、モデルで大活躍中の
カレイさんをお呼びしました!



ですので、1から、このカレイさんや私と一緒に
あなたにもこのプロジェクトを知っていただければと思います。


さて、

ついに始動目前に迫っている
JAPAN VILLAGE PROJECTですが、

まず初めにあなたには、

おめでとうございます!

と、お伝えさせて下さい。

そもそも、
今回のプロジェクトは約14日間にわたって
お伝えしていくものとなりますが、

”14日間すぎたらプロジェクトの内容がわかる。”

というものではありません。

このプロジェクトは

『14日後にあなたが確固たる資産を築き
 自由に生きていける日々を手に入れることができる』


というものなんです。

もちろん、今の段階では
私自身もこのプロジェクトの全てを
知っているわけではありませんが、

そう、確信しています。

なぜここまでいい切れるのかは、
番組を見ていただいた方なら
きっとわかってもらえることでしょう。

もし、まだ番組を見ていない方がいれば
必ず見てくださいね。

きっと、今までに体感したことのない
衝撃に見舞われることでしょうから、、


それでは、番組の補足や
番組内では伝えきれなかったことも
ここでお伝えできればと思いますので、

しっかりと、最後まで見てもらって
このJAPAN VILLAGE PROJECTの開始日

【10月25日】

に万全の体制で臨めるように
私とカレイさんと一緒に
理解を深めていきましょう!

そもそもIRってなに?

まずは、

「そもそもIRってなに?」

という方もいるとは思いますので
お伝えしていければと思いますが、

番組でもお伝えしたように
IRというのは、

Integrated Resortsの略称で、日本語言うと、
カジノを含む総合観光施設のことを指します。


具体的には、

ホテル、劇場、パーク、ミュージアム、
MICE施設などを一つの区域に含む統合施設です。


※MICE施設:MICEとは企業等の会議(Meeting)、
企業等の行う報奨・研修旅行(Incentive Travel)、
国際機関・団体、学会等が行う国際会議(Convention)、
展示会、イベント(Exhibition/Event)の頭文字をとったものです。


有名なものでいうと、シンガポールにある
ビルの上に船が乗っているような建物、

”マリーナベイサンズ”

などもこのIRのひとつです。

その他にも、

といったIRが世界各地にあり、
今現在でその総数は全世界で
4000を超えると言われています。


ただ、これはまだほんの始まりに過ぎません。

現状でIRの市場規模は10兆円と言われていますが、
2030年には100兆円を超える
モンスター市場になるだろうと言われています。

なぜ、ここまでこのIRというものが
急激に伸びてきているか?
というとこなんですが、

その大きな原因の一つに

『国策』

という要素があげられます!

このIRは、一個人が始めよう!
なんて思って始められるものではありません。

国家がその国の法律と絡めて、
国をあげて行うのがこのIRなのです。

国が威信をかけて望む国策事業であるからこそ
大々的に莫大な予算が組まれ、

”失敗することのない事業”

として構築されていくのです。

それと、勘違いしてほしくはないのですが、
このIRは何も海外のリゾート地での話だけではありません。

あなたもきっと、
つい最近耳にしたことがあると思います。

『日本でカジノ法案が可決した、、』

と。

そうなんです。

私達が住むこの日本でもこの
カジノ法案(IR推進法)が可決され
日本にもIR施設ができるということなのです。


だからこそ、あなたも
他人事ではなく今目の前で起きている
リアルタイムのことだと理解してくださいね。

そして、このIRを中心としていま、

世界中の投資家資産家が
全財産をつぎ込むほどの“異常事態”

が発生しているのです。

「異常事態って、、」

と言い過ぎに聞こえるかもしれませんが、
実はいまや世界中の投資家や資産家の注目は
このIRに注がれています。


猫も杓子もIR、IRと言っている状態で、
中国、韓国の間ではこのIRに投資して、

20代でビルを8棟以上もっているような
億万長者も出てきているほどなんです。


なぜ、そんなバカげたことが起きているのか?

その理由は簡単です。

『※儲かるから※』

この一点に尽きるでしょう。

現状、IRが建設される
各国の経済特区の土地などは、
たった数ヶ月で、

なんてことが当たり前に起きています。

こうなってしまうとどうでしょう。

国が行っていて安心・安全な事業な上、
1億円を突っ込めばすぐに500億円になって帰ってくる。。


なんてことが起きてしまっているので
誰しもがこのIRにご執心なのです。

ただ、どうしても法律や国が絡むことで
難しいというイメージを持たれてしまい。

現状では一般の方でこのIRを深く理解している
という方を見かけることはありません。

これは、本当にもったいないことなんです。

たかだか、

『知っているか。』
『知っていないか。』

だけの差で、今後二度と来ることがない
以上とも言える経済の波にのることができないなんて
それはあまりに酷だと言えます。

だからこそ、
あなたもこのIRについてこのプロジェクトを通して
しっかりと情報を獲得して、

そして、人生の内たった14日間を費やすことで
莫大な資産を築けるようにしてくださいね。


いいでしょうか?

いま、あなたの目の前には、

仮想通貨バブルを遥かに超える
『IRバブル』という名のチャンス

が転がっているのです。

こんな一世一代のチャンスを
決して見逃さないでくださいね。

先程もお伝えしたように
世の中は『IRバブル』に突入しています。

ただ、ここでしっかりと理解してもらいたいのは、
この『IRバブル』は入り口に過ぎないということなんです。

これから、世界を巻き込んで
この『IRバブル』はより一層、
熱を帯びていくことは間違いありません。


また、この『IRバブル』は
各国が国策として取り組んでいるので

”弾けることのないバブル”

ということも理解しておいてくださいね。

さらに、このバブルはあなたの記憶にも新しい
仮想通貨バブルを遥かに凌ぐものなんです。

2017年。

仮想通貨元年とも言われ
仮想通貨のバブルが訪れました。

一部の人は資産を何十倍にもし、
『億り人』と呼ばれる人まで出てきました。

ただ、実は今回の『IRバブル』は
この仮想通貨バブルと比べるのが失礼なくらい
その規模感はまったくレベルが違います。


というのも、

仮想通貨バブルの入り口と言われた
2016年ではその市場規模は
8000億円程度と言われていましたが、

今回の『IRバブル』は現段階で
【10兆円】を超えています。

その差なんと!12.5倍!

わかりますでしょうか?

これほどの事態がいま世界で起こっているのです。

だからこそ、あなたも

参入さえできてしまえれば
莫大な資産が瞬間的に築けるという事実

があることを知っておいてくださいね。

ここまでお話してきて、
また、番組を見てもらえればわかると思いますが、

【IRバブルに乗っかれば確固たる資産を築ける】

というのはなんとなく
理解してもらえたと思います。

いまこの瞬間にも
IRに参加している世界中の資産家や投資家は
このIRを利用して莫大な利益を手にいているのです。

であれば、あなたもこの
『IRバブル』に乗っかって
資産を構築したいと思いませんか?


当然、思うことでしょう。

なにせ、あなたが月の給料から
1万円をただこのIRに入れるだけで、


何もしないでも、数カ月後には
500万円とかになっているかもしれないのですから、、


こんな、最高な話はないですよね。

ただ、、

そんなに話はうまくいきません。

もし、そんな事が簡単にできてしまうのなら
いまや誰しもが億万長者ですよね。

でも、きっとあなたの周りでも、

「IRでめちゃくちゃ資産が増えた!」

なんて話は聞いたことがないと思います。

では、なぜ目の前に
こんな至高の情報があるにもかかわらず
だれも利益を手にすることができていないのか?


それをここで掘り下げて話たいと思います。

IRバブルに隠された“表”“裏”

まず簡単に説明すると、
この『IRバブル』には
あなたは参加できません。

正確に言うと、今のままでは
参加できないということです。

嫌味を言っているわけではありませんよ。

実は、この『IRバブル』なんですが、
私自身も参入することはできないんです。


私はおかげさまで不動産業ではある程度成功し
名前も広く知ってもらってはいますし、
それなりに、資産も保有しています。

なので、IRのことはもちろん知っていましたし、
どうにかして参加したいと思っていました。

しかし!

何をもってしてもこのIR市場に
参加することはできないのです。

その理由が、このIRバブルに隠された

”表””裏”

の事情なんです。

表向きのIRは初めにお伝えしたように
カジノを含む総合観光施設で、

各国が海外の人や国内の人を誘致して
観光として楽しんでもらい
国策として利益を得る一事業です。

ただ、その裏の顔は
ガチガチに既得権益がはびこる
利権がらみの事業なんです。


これがどういうことか
すこし詳しく説明しますね。

まず、世の中には
一般の人では決して参加することができない
事業というものが少なからず存在します。

上記にあげたような事業は
個人が自分の意志だけで
始めることはできません。

これは、扱うものの需要と供給のバランスや
国家間での摩擦などを調整するために
国が法律として規制しているものだからです。

ただ、あまり一般的には
知られていませんが、

このような”閉ざされた事業”
いわゆるクローズドな世界では、

利権や既得権益が
さも当然のように渦巻いているのです。


あなたもニュースや新聞などで
これらの事業に関係した、

『汚職』や『賄賂』などの話を
一度は聞いたことがあるとは思います。


そして、例に漏れず
今回あなたにお伝えしている
IRもこれらの事業と同じものなんで、

利権や既得権益でまもられ
一部の資産家や権力者のみが
利益を貪り続けている現状になってしまっているのです。


少し話は変わりますが、
まだ記憶にも新しい、7月に起きた
西日本豪雨をあなたは覚えていますでしょうか?


死者数224人を出したこの災害は
日本史上でも稀に見る大規模な被害を出しました。

いまだ、その爪痕に悩まされる人も多く
私個人としても本当に心が傷んだ事件でした。

しかし、

その西日本豪雨のさなか
その被害情報よりもテレビやニュースでは
『日本のカジノ法案』のことが取り上げられていあたのです。


これはネットなどでも話題となり。

かなりの顰蹙(ひんしゅく)を
日本政府は浴びることになりました。

なぜ、日本政府は西日本豪雨よりも
このカジノ法案を優先したのか?

それは他ならぬ
あまたの利権が絡んでいることに他なりません。

現状、今のIRではその恩恵を受け取れるのは
100億円や1000億円の資産を保有している
大手海外の投資会社やデベロッパー達や


さらには、
利権に絡んでいる資産家や権力者だけなのです。


そのような仕組みがすでにガッチリと組まれていて
外からこのIR市場に入り込む余地は
もうどこにもありません。

ただ、ここで勘違いしてもらいたくないのは、
IR自体が悪ではないということです。

IRはそもそもが観光施設なので
利用する人は楽しい時間を味わうことができるし、

その、土地の人は莫大な経済効果を
手にすることもできるし、

海外の観光客を誘致することもできるので
国自体にも、その国に住む人にとっても
いい事づくしの事業なんです。

ダメなのは、
”自分だけ良ければいい”という考えの
一部の資産家や権力者であり、


多くの人はこのIRで
楽しい時間や経済効果の利点を
受け取ることができるのです。

これほど、多くの人にメリットが有り、
参加さえできてしまえれば、
莫大な資産を築くことができる『IRバブル』ですが、

どうしても、利権や法律に守られて
参加することができません。

私自身もこれはもう指をくわえて
見ていることしかできないのか、、


と考えていたのですが、
どうやらこの一世一代のチャンス!!
諦めなくてもいいようなのです。


というのも、今回この『IRバブル』に

世界で唯一、個人がIR市場に参加できる
利権構造をぶち壊したPROJECT

が立ち上がってしまったんです!

市場規模10兆円を誇り、
さらにはこれから最盛期を迎えていく『IRバブル』
に乗っかれてしまうプロジェクト!!


こんなの知らない手はないのですよね。

この前代未聞のプロジェクトなのですが、
実は番組でもお伝えしているように、
宮内さんという方が深く関わっていて、

私自身もこの宮内さんから
お聞きすることになったのです。

まだ、その全容は明らかにはされていないのですが、
規模感的にはもう興奮を抑えることができないレベルに
このプロジェクトは来ているとあなたに断言できます。


そもそもこのプロジェクトの舞台となる国は
いまや経済大国になりつつある、

『フィリピン』

なのですが、
あまり言葉ではうまく説明しにくいので、
まずはプロジェクトの全体像を知ってもらうためにも
以下の動画をご覧ください!

どうでしょうか?

ここまでの規模感で進んでいるのが、
今回あなたにお伝えしている、

JAPAN VILLAGE PROJECT

なのです。

初め、宮内さんから
個人でIRに参加できてしまう
前代未聞のプロジェクトがあると聞かされた時は、

私自身、

「さすがにそれは無理でしょ、、」

と、思ったのですが、
この動画を見て信じざるを得ませんでした。

だからこそ、
このように表に出てあなたにも
お伝えしていきたいと思ったのです。

これから、全ての全容が明らかになっていく
JAPAN VILLAGE PROJECTですが、

今の段階で言えることは
このプロジェクトはそこら辺に転がる
まがい物のプロジェクトとは、


次元も格も違う
プロジェクトだということです。


そして、このJAPAN VILLAGE PROJECTが
この世の中に出たことによって、

“あなた”もこのIRバブルに
乗っかる事ができるのです。

いままで、お伝えしてきたとおり、
空前絶後のバブルを巻き起こしているIR市場ですが、

通常、一般社会に生きている我々では
参加することは到底不可能でした。


どれほど、このIRに興味があろうが
強く参加を希望したところで、

一部の資産家や権力者たちが
莫大な資産を築き上げている横で、それを
羨ましそうに見ていることしかできなかったのです。


しかし!

今回あなたにお伝えしている
JAPAN VILLAGE PROJECTができたことにより、

私達でもこの『IRバブル』の波に乗って、
莫大な資産を簡単に築くことが
できるようになってしまったのにです。

もちろん、今の所
世界中見渡してみてもこのプロジェクト以外で
『IRバブル』の波に乗って資産構築する方法はありません。

それと、少しずつ明らかになっていくとは思いますが、
今回のJAPAN VILLAGE PROJECTでは、

なにも

『100億円、1000億円のような
 馬鹿げた初期費用を用意して下さい。』

ということでもなく、

ましてや、
100万円1000万円というような
普通一般の方が持ちえない金額を
用意する必要もないようなのです。


たとえば、

『1万円』

これほどの低初期費用ですら
『IRバブル』を駆使して財産を築くことができると
宮内さんはおっしゃっています。

そうなってくれば、

もうこの『IRバブル』の情報や
JAPAN VILLAGE PROJECTの情報を
捨てておくことはないですよね。

あなたもこれから新時代の稼ぎ方を知り
今後お金に困らない人生を手に入れるためにも
しっかりとお送りする情報は手に入れてくださいね。


それと、少し勘違いしている方も
いるかも知れないので
初めにお伝えしておきますが、

今回のJAPAN VILLAGE PROJECTで
お伝えしていく資産構築法は、

ネットビジネスでもなければ
リアルビジネスでもありません。

大前提として、
今回のJAPAN VILLAGE PROJECTでは
なにか店舗をもったり、

会社を起こしておこなう
リアルビジネスではありません。

そして、ちまに転がっている
いかがわしいネットビジネスの
プロジェクトでも断じてありません。


たとえば、

上記のような類(たぐい)のものではないんです。

正真正銘、国が行っている国策である
IRを駆使して資産を構築する方法なんです。


さらにJAPAN VILLAGE PROJECTは
フィリピンのIRを利用してあなたに
資産を構築していただきますが、

いま、フィリピンは国を挙げて
このIRを推進しています。


各地にIR候補地ができ、
そこにどんどん施設が建っていっている状態なのです。

次の番組では実際にフィリピンに行って
宮内さんに色々聞いていこうと思いますが、

その時にあなたにも
その様子を実際に映像でお見せできると思います。

すこし、話はそれてしまいましたが、
まずはこのJAPAN VILLAGE PROJECTが
ネットビジネスなんかとはレベルが違うことを
しっかりとご理解下さい。

そして、付け加えてお伝えしておきますが、
上の図でもわかるように、

このJAPAN VILLAGE PROJECTは
最近話題の仮想通貨の怪しいICOや
マイニングなどでもありません。


もし、なにか疑問がある場合には
LINEなどで聞いてもらっても大丈夫ですが、

このプロジェクトは、
そういった怪しいものではなく
一国家が絡む国策であるIRを
基軸において進んでいくものであり、

私個人的な感想で言えば、
今までの既得権益にまみれた市場を
完全に浄化する革新的プロジェクトだと思っています。


なので、あなたもこのJAPAN VILLAGE PROJECTが

正真正銘!人生を激変させる
一世一代のチャンス

だと、しっかりと認識して下さい。

そもそもあなたがこの
JAPAN VILLAGE PROJECTを
いま知っているということは、

きっと、

「お金を稼ぎたい!」

「本物の資産構築法に出会いたい!」

「人生を変えたい!」


そう思っての行動の結果だと思っています。

で、あればその直感はきっと正しいと思います。

ですので、そのあなたの直感に従い
14日間でJAPAN VILLAGE PROJECTの
情報をしっかりと取得し、

あなたの思い描く日々を手に入れて下さい。

もちろん、どんな夢や目標や日々でも構いません。

あなたのあなただけの理想の人生であれば、
それはどんなものでもきっと素晴らしいはずです。


たとえば、

というような日々でもいいでしょう!

ただ、間違いなく言えることは
このJAPAN VILLAGE PROJECTなら
こんな日々を手に入れられるということです。

なぜなら、この『IRバブル』に乗れるということは
確固たる資産が築けることと同意だからなんです。


そして、そんな日々は、

誰もが目を背けるタブーを犯した
たった一人の日本人

によってもたらされることになります。

すでにお伝えしているように、
IRは既得権益にまみれたものでした。

そして、このJAPAN VILLAGE PROJECT以前に
一般人がIRに参加できるようにしようとした人はいません。


もし、そんなことをしてしまえば
一部の資産家や権力者の利権構造は壊れ、
どんな事態になるかわからないからです。

そうなんです。

今回の『IRバブル』一般の方が
参加できてしまうJAPAN VILLAGE PROJECTは、
いわば誰も破ることができない


タブー

のようなものなんです。

それを今回、ある確固たる想いを持って
ぶち壊そうとしているのが、
宮内さんという方なんです。


宮内さんに関しては
これから深く掘り下げてあなたに
お伝えしていこうと思っていますが、

この方は本当に志が高く、
普段であれば接することができないほど
高名な方なんです。

なので、ぜひ次回のフィリピンでの
番組は期待値マックスでお待ち下さい。

きっと、あなたが見たこともないような世界、
さらには聞いたことがないような情報が
飛び交うことは間違いありません。

【10月25日】

この日に運命の扉は開かれます。

必ず、ご自身のメモに記して
心待ちにして今しばらくお待ち下さい!

10兆円もの市場規模を誇り
年々、爆発的な拡大の一途をたどる
IR(複合型総合観光施設)

そのIRを中心に巻き起こり世界を揺るがす
【IRバブル】を駆使して
全くの『0』から莫大な資産を構築する
社会的革命プロジェクトが遂に始動!!

いままで、富豪や億万長者のみが
貪り続けていたIRという既得権益を
ある男が一般解禁してしまう。。

カジノ法案直後の”いま”しか
手に入れることができない
一世一代のチャンスを掴み取ってください!

今回、のJAPAN VILLAGE PROJECTは
宮内さんが志を高く持って望む
社会構造の改革プロジェクトです。

そして、もちろんメインナビゲーターを務める
私、鈴木雄一、そして現役モデルのカレンさんも

本気でこのプロジェクトを
あなたにお伝えしていくつもりです。


ですので、あなたも本気で
このプロジェクトに望んで下さい!


それができないかたであれば、
残念ですが今回のJAPAN VILLAGE PROJECTで
『IRバブル』を駆使して莫大な資産を築くことは
できないようになっています。


なので、今回のプロジェクトでは
あなたに”課題”をこなしてもらえることで
その本気を示していただこうと思います!

また、そのための仕組みとして、
今回のJAPAN VILLAGE PROJECTでは、

を取り入れることになりました。

パーネスとはフィリピンの公用語である
タガログ語で”ペア”を意味するものです。


あなたにこのプロジェクトでしっかりとIRの理解を深め
資産を構築していただくために参加者同士でペアを組み
課題をこなしてもらいます。

ペアの組み方などは
このページからでも申請することができます。

しっかりと、このパーネス制度で
ペアと一歩ずつIRの理解を深めていくことで
初めて『IRバブル』に乗っかって
確固たる資産を構築できることでしょう。


それでは、まずはパーネスを申請して、
JAPAN VILLAGE PROJECT
第0話の課題をこなして下さい!

JAPAN VILLAGE PROJECT 第0話パーネス課題

まずは、番組視聴後にコメントを記入して
特典を受け取ってパーネス制度の
申請を完了してください!


また、パーネス制度でつながるペアの方は
あなたが『IRバブル』へ参加するための
一緒に歩んでいくパートナーです。

ですので、ペアができたら
まずはしっかりと自己紹介をしましょう!

挨拶と自己紹介が済んだら
番組を見て感じた思いをシェアしてください。

今回のJAPAN VILLAGE PROJECTは
最後までついてくることで
成功率100%ですが、

どうしても人は一人では
心細くなったり、不安が出てきたりで
"最後までついてくる"ということが
難しくなってしまいます。


ですので、パートナーと支え合いながら
共にプロジェクトを理解して
一歩ずつ進んでいってください!

※注意※
まだプロジェクトは
スタートしていません!


市場規模10兆円を超えるIRバブルに乗って
一般の方が少額からでも確固たる資産構築ができる

JAPAN VILLAGE PROJECTの
正式スタートは、


10月25日の21時

からとなります!

いまから、ご自身のメモや手帳に
この世紀のPROJECT開始日を
記入しておいて下さい!

コメントについて

JAPAN VILLAGE PROJECT特別番組
視聴後は
コメントを書いてアウトプットして下さい!

いまコメントを"書くだけ"で
超豪華な非売品特典を
プレゼントさせていただきます。

番組視聴後はすぐにコメントを書いて
完全無料で超豪華特典をGETしよう!!

あなたにコメントして欲しい
内容は以下の3つです!

  1. 今回の番組を見たあなたの率直な感想を教えてください!
  2. 今回の番組を見てIRに少しでも興味が湧いてきたのなら
    自分自身で行ってみたいIRのリゾート地を調べて教えてください!
  3. あなたは通常参加することができないIRに
    参加できたとしたら莫大な資産が築けると思いますか?

ぜひ、コメントを書いて
超豪華なプレゼントを完全無料で
しっかりと受け取りましょう!

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。

10,761 件のコメント


  1. Ma.I より:

    1、すごいプロジェクトです!

    2、ラスベガス

    3、やってみないとわかりません。

  2. Yuka.I より:

    第0話のコメント遅くなりすみません!
    第1話も見た後ではありますが、改めて考えながら記入したいと思います。

    1.普通にしていれば絡むことのできない利権に一般からの参入チャンスがある、と言うことにワクワクしています!少額でも参加可能と言うことも、参加チャンスを得られる可能性が自分にもありそうなので、パーネスと一緒に引き続き注目して見ていきます!

    2.
    *ギャラクシー・マカオ
    世界最大の流れるプールは子どもが日本では味わえない楽しさを満喫できそう。

    *ザ・ヴェネチアン・ラスヴェガス
    水路が張りめぐらされた街並みの中で過ごすこと自体、日本人の私にとっては非日常で、そこにいるだけでワクワクしそうです。

    3.想像もつかない資産が築けるのではと思っています。たとえ少額からの投資だとしても、安心して暮らせるだけの収入がコンスタントに入るのでは、と期待します。

  3. ティファニー より:

    Q1 IR事業に興味があったので自分が知っていることと被ることがありましたが個人が参入出来る凄さを感じました
    Q2 シンガポールとマカオ
    Q3 参加することが出来れば大きな資産を構築できると思います

  4. 林 晴子 より:

    とても興味が湧きました!
    国策である IR市場に参入できるなんて夢みたいです!

    全て 行ってみたいですが
    ラスベガスに行ってみたいです!

    参加できるとしたら 莫大な資産が
    手に入るのは間違いないと思います!

  5. ミリー より:

    ①驚きました!利権の話が聞けるなんて、驚愕でした。是非是非、参加費対のですが、私のような、借金しかないものには縁もゆかりも無いだろうと思いながらも、スケベ根性でもしかしたら、何か良い方法があるのでは?とまた、性懲りもなくない思いを募らせてしまいました。

    ②行ってみたいリゾート地
    シンガポール、フィリピン、香港
    あ~、貧乏なので思いつかない。とにかく全て!

    ③そうなると良いなと、思っています。ただいまの段階では、何とも考えられません。これなら、私にも富が築ける!と思うのか、やっぱり、そういう困難を経てなのね…。と成ってしまうのかは今後のビデオに期待感が高まります!

  6. 矢島明日香 より:

    ①初めは、よくわからなかったですが凄い
    ②ラスベガス、サンディエゴに行ってみたい
    ③まだわからないけど、大きい資産築きたい。

  7. たんやー より:

    1:とにかく最初から最後までワクワクしっぱなしでした。
    2:マリーナベイサンズにもう一度行きたいです。IRという言葉さえ知らなかった前回とはまた違った視点で楽しめると思います。
    3:思います!

  8. 藤田 より:

    1 少額資金で参加できるのならやってみたい
    2 シンガポール
    3思います。

  9. カズヤ より:

    1 本当に 一般人でも参加できるの? と少額出資できるのが まだ 信じられないって感じです❗ 2 興味深いです❗ フィリピンのリゾウトに行ってみたい。 3話が本当ならそうかも⁉

  10. タケダ より:

    もっと詳しく知りたいです!

  11. akinori kanai より:

    1.
    すごい話ですね。
    2.
    マカオですね。
    3.
    可能だと思います。

  12. 天沼享 より:

    A.1:とても勢いがあって面白い番組でした。
    A.2シンガポール
    A.良く分かりませんがそうなることを願っています。

  13. yoshie より:

    1、フィリピンに多いのはなぜだろうと思った。見方を変えると、フィリピンは外国の人々に植民地化されていることにならないか気になった。
    2、いろんな国に行ってみたい。
    3、まだよくわからない。

  14. Naoko より:

    1. 大変驚きました。これまでIRの存在は知っていましたが、投資としてそこに参加するということを考えたこともなかったですし、できるということがまさに事件レベルですね。社会構造の改革としてこのようなことを可能にしてくださった宮内さんを尊敬し感謝したいです。素晴らしい。
    2.IRに大変興味を持ちました。シンガポールに行きたいですね。
    3.このプロジェクトに参加したら莫大な資産を築けると思います。

  15. タケオカ より:

    1.なぜ、情報公開するのかわからない
    2.シンガポール
    3.本当であれば期待する

  16. のむ より:

    1本当にできるなら凄い
    2シンガポール
    3できるなら凄い

  17. 上條毅郎(じょうじょうたけろう) より:

    宮内様
    1仮想通貨の10倍以上のフィールド素晴らしくある。だが第2次世界大戦敗戦で少し難しくないかと。
    2スペインとか
    3当たり前だと考える。参入できるならだが。
    上條毅郎(じょうじょうたけろう)

  18. カトー より:

    1.本当かな、と思ってたが、非常にワクワクしますね。

    2.フィリピンです!

    3. すべてが本当なら資産を築けると思いますが、まだまだわかりません。しかし期待してます。

  19. なか より:

    1.とても興味があります
    2.フィリピンです
    3.期待はしています

  20. sachi より:

    ①IRバブルって初めて聞く言葉ですし、国策だから確実だと思います。
    ②ラスベガス
    ③まだ実感として良く分かりませんが、動画を見る限り莫大な富を得る事ができると思うと、ぜひ恩恵に預りたいです。

  21. フミコ より:

    1.最初はよくわからなかったが、本当に少額で参加できるとしたらワクワクする。
    2.ラスベガス
    3.まだわからないが、是非大きな資産を築きたい。

  22. 秋味 より:

    皆様を、大変末永くお幸せにしてくれると思います。

  23. 本多 より:

    すごいですね! なんだか私の想像を超えています笑い
    でも、フィリピンには行ってみたいですね。すごく資産ができそうです!

  24. きい より:

    1。話が大きすぎて本当に参入できるのか、という気持ちです。
    2。マカオとドバイです。
    3。富裕層しか参入できないのですから築けると思います。

  25. K より:

    頑張ります!

  26. masaru より:

    1:素晴らしいの一言です。
    2:セブ島にも構想があるのならそこに行ってみたいです。マニラの予定地はそのうちに見に行きます。

    3:莫大な資産・・・そこらへんはわかりませんが、かなり期待してしまいます。

  27. Am より:

    すごいですね。IRという言葉も初めて知りました。
    壮大な夢にドキドキします。参加したいです。
    マカオ、フィリピン、行ってみたいです。将来に財産が作れる、信じたいです。
    本物のプロジェクトに出会えたのかもしれない、運を信じたいです。
    参加して、資産を築いていきたいです。

  28. 佐藤崇男 より:

    ①規模が大きすぎて理解出来ていません。②シンガポールです。
    ③膨大な資産は可能だと思います。

  29. たけぴー より:

    率直な感想としては、未だに謎な部分がありますが、頑張ってついていこうと思っています。何が謎かっていうとなんで貴女がこういうプロジェクトを立ち上げたかという部分です。私もフィリピンに住んでいた経験があるので応援したいと思います。行きたいのはやはりフィリピンですね。マニラに行きたいです。参加できたら、大きな資産月からるでしょう。

  30. 荒川則夫 より:

    1).今回のIRの話に参加ができることを初めて知り合ったました!2)マカ オ!3)iRに参加出来ましたならば大きい資産を築くことが可能になりますよね!楽しみな巡り合わせだと喜んでいます。

  31. Y.TANAKA より:

    ①面白い
    ②フィリピン
    ③想像つかないが、資産構築には凄い事になると思う。

  32. 脇木津久美 より:

    儲かる、安定という言葉はうんざりするほど聞きますが本物であって欲しいと思うだけです。

  33. 増田 惠 より:

    少額で財が築け、人生をやり直すことができることに、夢をもう一度みたいです。

  34. あっちゃん より:

    国策に参入なんてワクワク!
    フィリピンのセブ島
    人生一変しますね

  35. Tex より:

    1. 興味がある話です
    2. マカオ
    3. 参加できれば可能かもしれない。

  36. 毛戸 正明 より:

    1。今回の番組を見て、とてつもないプロジェクトなんだなーって、僕なりに不安な感じでもあり、心浮き浮きハラハラな思いです。2。   何度も何度も繰り返しメール動画を見て興味深く拝見して少しずつ、興味が出てきました。                 3。参加できたとしたら、莫大な資産が築ける と、確信しました。

  37. ついてる君 より:

    大手から個人へと、流れが変わってきたのでしょうか、色々なところでそれを感じます。ワクワクしますね!!!
    フィリピンの不動産は、興味があるので是非行ってみたいと思います。

  38. パオ より:

    1.一般人には参加のできないIR事業に参加出来るというチャンスが目の前に広がっている事実に感動しました!
    2.シンガポールのマリーナベイサンズ
    3.普通はできないと思いますが、Japan village projectならそれが可能だと思います。

  39. バト より:

    まだ半信半疑ですが、新しいシステムや市場に大変興味を抱いています。

  40. こななん より:

    ①前に他の人で同じようなことを言っていたなと。前の人は詐欺だったらしいので信じたいです。
    ②カジノ…ラスベガスですかね
    ③今のところは、信じたいってところですね。

  41. 足立有子 より:

    土地が貰えるなんて凄い!と思いました。
     シンガポール、ラスベガス
     思います。

  42. ネム より:

    1、お金がなくても少しの資金で一般人が参入できると聞いてこのIR「国策」に期待しています。

    2、IR解らないことばかりです。

    3、正直まだまだ解らない、そのもの予想はつきませんが莫大な資産が築けると思います。

  43. けんと より:

    本当にそんなことか可能なのかなと

    マカオ

    思う

  44. touko より:

    1.人生に一度くらいバブルの恩恵を授かってみたい

    2.フィリピン

    3.もうウハウハ♡

  45. Joe より:

    いいね!

  46. 田中ヒロ より:

    1、こんなことができるのかと驚きました。
    2、シンガポール
    3、少額でも参加できるなら期待したいです。

  47. 佐々木光 より:

    1. 今までにないプロジェクトです!
    2. マカオ
    3. 莫大な資産が築けます!

  48. ショウ より:

    本当なのかな?って思いました。

    マカオ!ラスベガス!

    わからないけど、期待したいです。

  49. 村岡瑞希 より:

    私みたいな人でも参加で来そうで非常に良かった。
    行ってみたいのはフィリピン。
    築けると思う。

  50. ロッキー より:

    1-時間の速さ流れの速さ感じます。

    2-何ヶ所かは行きましたが全て行こうと思います。

    3-期待大大大!

  51. 相原宏太郎 より:

    1.

    2.

    3.

  52. 相原宏太郎 より:

    1. 夢がある話しですね。

    2. 澳門

    3. はい。

    • Mr.宮内
      Mr.宮内 より:

      相原宏太郎さん、コメントを頂きましてありがとうございます!
      宮内です。

      今回の動画はいかがでしたか?

      これから14日間に渡ってJapn Village Project が進んで行きますが、

      しっかりと最後までついてきてください!

      フィリピンに建てられる日本式IR建設予定の『土地』を

      完全無料で受け取る為の詳しい内容は、

      次回の動画でもお伝えしますので、

      お見逃しのないようにしてくださいね!

  53. kaz より:

    1普通には参加出来ないものに、少額でも参入出来る所に期待があります

    2マカオ

    3正直今段階では何とも言えませんが、そうなりたいと考えます

  54. 西尾千好 より:

    国の事業に本当に参入出来るですか相当な利権が有るんでしょから儲けたいです やはりラスベガスです 勿論儲かります国の施策で税金を投入して儲かるようにシステムを作るわけですから儲からない訳が無いでしょう でも本当に参入できるですか水面下で表に出ない様にしてるでしょうから

  55. ちょあ より:

    1. IR計画については知っていましたが、消費者以外の目で見たことはなかったので新しい世界が知れました。

    2. ラスベガスのIR

    3. リスクはあっても築ける可能性は高いと思います。

  56. タキコ より:

    1IR利権がと聞いても、まだよくわかりません
    2フィリピンとシンガポール、ラスベガス
    3少額から投資出来るとのことですが、大きな資産が作れると信じたい。

  57. 中野 洋子 より:

    すごいです。
    行ってみたい。華やかな世界で、キラキラした時間をめいっぱい楽しんでみたい。と想像してしまいました。
    利権の話は、最近少し聞くようになったでしょうか。
    NTTドコモの利権は、よく聞きます。
    このプロジェクトが、資金の無い人でも参加
    できる仕組みに、ものすごく期待します。

    マカオのネオンに行っでみたい。

    全く別の世界の話だと思っていましたが、
    もう今すぐにでも行きたいし、参加したいです。今まで、本当に参加できない未知の世界だと思っていました。利権は、コネがなければ掴めないものだと思っていました。
    参加できたら、あっと言うまに資産が増えて悠々時的な世界で老年期は幸せにくらせると思い、ワクワクがとまりません。

  58. Eku より:

    前代未聞のプレゼントですね!

  59. イリョウデン より:

    リゾートを更に複合化した事業で魅力的に感じました。
    シンガポールがいいですね。
    今このときに巡り会えたことを嬉しく思います。
    よくわからないのですが、なにもないところに高付加価値の施設や事業を展開するのですから、バブルが生じて莫大な資産を形成できると思います。

  60. より:

    お金と時間と電話がほしいです。

  61. 山口ツル子 より:

    1、本当ですか?
    というびっくりと詐欺では?という不安
    2、シンガポール

    3、思います!
    是非、参加したいです!

  62. 松尾清 より:

    Q1.IR利権という土地、施設、付帯設備そのほか「国策」をもって推進される正しく利権団体しか一切関与できない利権にある超有力者の特別な配慮で、この鉄の意見構造に風穴が開けられた。これに乗れる未曾有のチャンスは私の目の前にある、ということです。
    Q2.IR施設は世界に幾か所はあるが、成長著しく元気のあるフィリッピンに行ってみたいです。
    Q3.気が遠くなるような規模の超大プロジェクトに1000円、1万円からでも莫大な資産が出来レースで構築確実な国家事業が他にはない、実に稀有の物です。

  63. yuka.s より:

    1.最初はよくわからなかったが、本当に少額で参加できるとしたらワクワクする。
    2.ラスベガス
    3.まだわからないが、是非大きな資産を築きたい。

  64. coco より:

    お金がなくても少しの資金で一般人が参入できると聞いて期待しています
    シンガポールのマリーナベイサンズに行きたいです
    正直まだまだ予想はつきませんが、そうなることを願います

  65. 垣内啓子 より:

    1 すごいプロジェクトだと思いました。
    2 ドバイのMadinat jumeirah
    3 間違いなく莫大な資産が、築けると思います

  66. ロータス より:

    1. 凄い!今までにないプロジェクトですね。
    2. マカオ
    3. 莫大な資産が築けると思います。

  67. より:

    参加するお金があったらば参加させていただきます。

  68. A.T より:

    これからの自分の生活を変えていきます!
    誰よりも成功させる為に人より先行動、結果を残していきますのでよろしくお願いします!

  69. おとも より:

    1すごいです
    2ラスベガス
    3まだわからないです

  70. よーこ より:

    1.IR投資 初めて知りました。数万円の少額から投資OKな国策が本当の話なら魅力的。
    2.マカオ
    3.思う。

  71. shin より:

    IRの言葉も知らなかったので動画を見てとんでもないお話に凄く興味を持ちました。
    見る限りではフィリピンでしょうか。
    参加ができたら沢山の資産を築きたいです。

  72. ナカガワ より:

    1、IR市場に大変興味が湧きました!
     それは、一般人には参加出来ない領域だからです。本当に我々でも参加出来るのかちょっと疑問は残りますが…。
    2,活気あるフィリピンに行ってみたいです。
    3,絶対に莫大な資産が築けると思います。

    • Mr. 宮内
      Mr. 宮内 より:

      ナカガワさん、コメントいただきまして有難うございます。
      宮内です。

      このプロジェクトに参加して、フィリピンの土地を手に入れるだけで
      億万長者になれるという事が、おわかり頂けたと思います。

      具体的な内容は、これからしっかりお話ししていきますので、
      楽しみにしていて下さい。

  73. 網本世那 より:

    1.とても良かったと思います
    2.もちろんフィリピンですね。
    3.やってみないとわかりません。

    • Mr. 宮内
      Mr. 宮内 より:

      網本さん、コメントいただきまして有難うございます。
      宮内です。

      このプロジェクトに参加して、フィリピンの土地を手に入れるだけで
      億万長者になれるという事が、おわかり頂けたと思います。

      具体的な内容は、これからしっかりお話ししていきますので、
      楽しみにしていて下さい。

  74. Elle より:

    普通は情報すら入ってこないような内容ですね
    興味もちました。

    • Mr. 宮内
      Mr. 宮内 より:

      Elleさん、コメントいただきまして有難うございます。
      宮内です。

      このプロジェクトに参加して、フィリピンの土地を手に入れるだけで
      億万長者になれるという事が、おわかり頂けたと思います。

      具体的な内容は、これからしっかりお話ししていきますので、
      楽しみにしていて下さい。

  75. 三又三子 より:

    すごく驚いてます。
    フィリピン
    思います

    • Mr. 宮内
      Mr. 宮内 より:

      三又さん、コメントいただきまして有難うございます。
      宮内です。

      日本でもカジノ法案が可決して、IRが建設されるという事で より身近な情報になってきました。

      ですがまだまだ一般には知られていない、
      今が先行者利益を受け取るチャンスです。

      正に知っているか、知らないかで大きく人生が変わってきます。

  76. わくび より:

    1 これからの時代のIR事業に興味でました。

    2 シンガポール

    3 思います。

    • Mr. 宮内
      Mr. 宮内 より:

      わくびさん、コメントいただきまして有難うございます。
      宮内です。

      日本でもカジノ法案が可決して、IRが建設されるという事で より身近な情報になってきました。

      ですがまだまだ一般には知られていない、
      今が先行者利益を受け取るチャンスです。

      正に知っているか、知らないかで大きく人生が変わってきます。

  77. 石西圭介 より:

    凄いことに自分も参入できるとは興奮します。
    勿論フィリピンでしょう。
    チャンスをいかして富豪になりたいてす。

  78. 北見真知 より:

    1,面白そうです。
    2,そうなると、フィリピン中心ですね。いろいろ見てみたいです。
    3,わかりません。やってみないとわからないですよね。

  79. takeshi.s より:

    もし数万円の予算で話しの通り参加出来てお金になるならこんな良いことはない そして社会投資家としてまず自分の欲望を満たしそして自分の周りの人達を幸せにして自分には遠い窮困している人たちの手助けになるならこんな幸せな人生はないと思う

    私は年1回の海外旅行で フィリピン🇵🇭に行ってますが路上には貧しい人が溢れて物乞いをしているフィリピンも完全に金持ちとの二極化している気がする そしてそこにlRができれば少しでもフィリピンが良くなるそして貧しい人を救える とにかく私はフィリピンが好きなので ボラ貝やセブ島 マニラ郊外に出来れば行ってみたい
    まだわからないけど 参加する為のハ-ドルが低くそして難しい条件がなければ 参加して稼ぎたい 話は最後まで書かないと判断出来ない 何故なら今まで稼げる稼げると言う話は沢山あるが金のある話ばかりで稼げた試しがないから

  80. 諏訪成明 より:

    1.この話は今までに聞いた中で、一番真実味があり、希望があると思います。
    2.ヒィリピン マカオ
    3.思います。

  81. Chitiku.Ishii より:

    1.こうい資産運用があるのですね。
    2.モルディブ
    3.よくわからないです。

  82. Yasuko より:

    1.今、資金がなくても出来るというのが、印象的で、最後まで付いていってみたくなっております。
    2.ラスベガス
    3.そう思いたいです。

  83. 石川勝保 より:

    はじめまして
    以前から泉忠司さんからヒリピンの大きなプロジェクトの講義を聴き、ノアシテイ等の建設も進んでいると伺って、ノアコインを取得させて頂きました。
    仮想通貨よりも多いIRに期待します。
    むろん経済面だけでなく文化的な面もあります。

  84. 只野 より:

    最初はなんだかよくわかりませんでしたが動画を見てわかりました。
    フィリピン
    多分築けるかな

  85. あずさ より:

    とてもワクワクします!
    シンガポールのマリーナベイサンズカジノ

    資産を増やす事が出来そうです

  86. 村岡亜美 より:

    1まだ半信半疑です
    2シンガポール
    3期待してます

  87. きいろ より:

    壱、よくわからないけれど話の展開が遅いなと感じました。かなりもったいつけてる感があったなと思いました。
    弍、フィリピンのセブ島ですね。
    参、莫大とはいえないけれども、生活できるくらいにはなれるかなと思います。

  88. 大竹裕美子 より:

    1 国策に一般人が参加できるなんて驚きです。

    2 勿論興味心身です。行ってみたいところは全部です、経済が許せばの事ですが。

    3
    勿論人生は180度変わると思います、又参加するからには最後までついていきます。

  89. 横山徹 より:

    とてもおどろいています。是非参加したいです。少額からでも可能だということが感謝です。

  90. taka より:

    一.大変、興味がわいてきました。是非、使ってみたいです。よろしくおねがいします。
    2、アラスカ
    3.思います。

  91. 小柳祥子 より:

    今年になって仮想通貨のプロジェクトを聞いて驚いていましたが、それどころじゃない、国が注目しているとのことで、夢のような話で感動しました。最近いとこがシンガポールに来年行こうとの話がでてるので、興味があります。IRは絶対に莫大な資産が築くことができると思います

  92. 中川肇 より:

    1. IR市場の将来性については言わずもがなですが、具体的にどういった関わり方をすることで、その恩恵に預かれるのかはわからないままでした。
    2. フィリピンで現在稼働しているIRについては全て足を運び、実際に目のあたりにしております。
    3. どういった形で関わるかによると思います。利権に関わる人を増やすことのメリットがわかりません。そのあたりが明確になれば、資産形成に繋がるかどうか確信が持てると思います。